スポンサードリンク

リコリスの効能

リコリスは、からだの抵抗力を高める効能があるとされています。例えば、リコリスの主成分グリチルリチンが、1986年には、エイズウイルス抑制に効果があるとの記事が、2003年6月には、新型肺炎SARSに有効という記事が新聞で掲載されるなど、リコリスの抗ウイルス作用が注目されています。



リコリスの基本的な作用としては、人体の防御機構とされる、細網内皮系(さいもうないひけい)の各組織を強化する作用があると考えられていて、からだの免疫力を強化する作用があるとされています。



また、さまざまなストレスや炎症に対抗する副腎皮質ホルモンの働きを高める作用もあり、さらには、抗ガン剤としての期待も大きいインターフェロンの体内での産生を促す作用も明らかにされています。そして、糖尿病や動脈硬化の予防、コレステロールの低下に有効との報告もなされています。


リコリスの主成分であるグリチルリチンは、優れた強肝解毒作用にもつことで、慢性肝炎の治療や、ウイルス性肝炎の予防などにも高い期待が寄せられています。



リコリスはそのほかにも、胃腸の粘膜を保護し、肉芽形成の促進作用があることから、胃潰瘍などの症状を改善します。とくにストレス性潰瘍にすぐれた効きめを発揮するなど潰瘍(かいよう)抑制作用があります。



さらには、強い抗ヒスタミン・抗アレルギー作用があるので、炎症を抑え、かゆみなどを抑えるのに有効です。接触性皮膚炎、じんま疹、薬物疹などの症状に効果があります。



風邪薬との併用に効果があるとされるのは、解熱作用やせきをしずめ、たんをとり去る作用があるためで、からだの抵抗力や解毒能力を高める作用もあることから、薬の副作用を防ぐ一方、その効果を高める方向に働くなど、リコリスは、他の薬剤と一緒に使用されることでメリットの多いハーブでもあります。

リコリス含有サプリ 最新一覧 By 楽天


リコリスの効能 / リコリスと抗アレルギー作用 / リコリスとインフルエンザ予防 / リコリスとベーチェット病 / リコリスと膠原病 / リコリスと冷え性 / リコリスとこむらがえり
【リコリスの効能の最新記事】

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。